当店は<城下町のアンティークな文具店>として万年筆用インクに力を入れており、店頭のインクはほぼ試筆可能という試筆コーナーが人気です。地元大垣のご当地インク4色の他、「色彩の錬金術師インクバロン」として店主自ら調合を行った「インペリアル敷島」シリーズ、思考実験シリーズもパワーアップして登場します。今回も皆様にお会いできるのを楽しみにしております!

<「インペリアル敷島」シリーズ10ml>和歌と枕詞をイメージしたオリジナルインク全72色。このうち人気の高い数色を厳選。

<「おおがき」ご当地インクミニ4色セット>ご当地インク4色を10mlのミニセットに!特産の枡の香りと「おおがき」ゆかりの色をお楽しみください。

<洋墨 アマビエ>疫病退散の願いを込めて、妖怪アマビエ様をイメージして作製しました。

<小瓶インク専用ケース>10mlサイズのミニボトルが入るケース。月、桜の柄に加え、先行発売となる「雪柄」が登場!!

<大柿(おおがき)セピア>地元大垣の風景や産業からヒントを得たご当地インク第1弾。普段使いしやすい茶色が特徴。

<月華紅蘭(げっかこうらん)>大垣の偉人・梁川紅蘭(こうらん)をモデルにした、普段使いできる深緋色。

<幽伽柳紺(ゆうかりゅうこん)>市中心部を流れる夜の水門川の上で、市の準木「柳」がゆらめく様子をモチーフにした深藍色。

<梅花無盡蔵(ばいかむじんぞう)>岐阜県ゆかりの偉人が愛した花・梅がモチーフ。男性でも使いやすい色に仕上げました。

<ラプラスの悪魔 「無彩色・反射率18%グレー」>もしも「世界のすべてを混ぜてインクにしたら何色か」を考えて製造した特製インク。思考実験シリーズ第一弾!

<色彩語・古戦場関ヶ原>武将の逸話をモチーフにしたインクで歴史の彩りを楽しんでみませんか?(サブスクリプションの1回目です)