試筆、試筆、試筆…。
場内は試し書きをする人たちで大渋滞。そんな様相でした。

 

試し書きを楽しまれるお客様たち

 

*****
2019年8月23日(金)、遂に「文具女子博 #インク沼」の本番を迎えました! 過去に「文具女子博」を2回実施してはいたものの、今回は万年筆インクに特化した文具女子博。今までとは様相が異なります。
「大丈夫なのかなぁ? インクだけに特化しちゃって、お客さんは満足してくれるのかなぁ? さすがに対象を狭くしすぎちゃったかなぁ?」
開催前の心境としては、それはもう不安だらけなわけで…。
さて、開催日当日を迎えました。
「文具女子博 #インク沼」で販売したインクの種類は約1500種。ほぼ全てのインクを試し書きできるように、サンプルを準備しました。

 

ほぼ全てのインクを試し書きできるようにした

 

万年筆のインクはそれなりの高単価商品。色味や滲み具合などを実際に書いてみて、ちゃんと確認してから購入したいという心理は、当然のことといえば当然のことです。

 

とはいえ、私たちの想定以上にお客様は真剣に試し書きに向き合うんです。私のような素人から見ると「こっちのブルーと、あっちのブルーで、何が違うんだろう…?」って思えてしまうレベルだったりする。でも確かにお客様の試筆帳を見せていただくと、私のレベルでも「なるほど!同じ青でも質感が違う」ということを実感できたりするのです。

 

インクの世界、ハンパなく奥深いぞ!!!

 

他に驚かされたのは、インクを好きな方たちの“紙”へのこだわりです。私のような“ごく一般的”なノートしか使ったことのない人から見たら、これもまた新鮮な光景でした!

 

紙の書き心地を何度も確認するお客様

 

紙質や紙の色によって、インクの滲み方や色合いが違ってくるのは当たり前の話。つまり「インクと紙と万年筆」が一体になってはじめて、理想に近づくんでしょうね。

 

今回の企画の目玉は「全国の文具店のオリジナルインクが一堂に会す」という点。そこに尽きます。北は北海道から南は鹿児島まで、全国のオリジナルインクを同じ場所で一気買いできるだけで、それはそれでインクファンとしてはとてつもない価値なのです!

 
 

うさぎや(岡山県)のオリジナルインク。ご当地のジーンズの色をイメージしたインク

 

地図に試し書きができるように、試筆紙を演出(多山文具店)

 

全国の文具店だけでなく、万年筆メーカーさんや紙のメーカーさんなどの多大なるご協力もあり、「文具女子博 #インク沼」は大いに盛り上がったのでした。

 

開催3日間トータルで、約5,000名ものお客様にご来場いただきました。もう感謝しかありません!
お客様のたくさんの笑顔を見られたことで、「あ~、#インク沼やってよかった~」とようやく安堵感を得られたスタッフ一同でした。

 

また来年も勿論、開催しますよー!!

 

開場後に一瞬で完売してしまった文具館コバヤシ(静岡県)のオリジナルインク「静岡茶」

 

万年筆初心者向けに、インクLIFEを提案

 

2019年10月
文具女子博実行委員会事務局 スタッフ一同